CS和の会 ~化学物質過敏症の仲間たち~

 

●トップページ

 

●「CS和の会」について

 

●活動

定例会 NEW

おしゃべり会 NEW

ピアカウンセリング講座

∟その他の活動

CS・ESカード

これまでの活動

 

●化学物質過敏症とは

●私たちのくらし

●私たちの工夫や努力

●メッセージ

 

●関連書籍

●リンク

●連絡先

 

 

 

 

 

●その他の活動

 ≪報告≫

1021日(日)は「安積遊歩さんのお話を聞く会」でした。安積遊歩さんは2008年に和の会が主催したピアカウンセリング講座のときにお世話になったかたです。場所は男女共同参画センター横浜(フォーラム)。 参加者は11名でした。 

遊歩さんは、部屋の端にならべた机の上にひざ掛けを敷いて横になったまま、私たちはその前に車座になってお話を聞きました。 前半は遊歩さんの生き方やアニマルライツ(動物の権利)活動のお話、後半はピアカウンセリングを少し体験させていただきました。日常の会話と違って、自分の心に問いかけながらお話しする経験にいろいろ感じることがありました。 休憩のティータイムには、北海道から取り寄せた無添加のお菓子をいただきながら和やかに歓談しました。

 時間があっという間に過ぎてしまい、皆で手を振ってお別れ。

また会いたい・・・、という声も聞かれました。

遊歩さんからは生きる力や希望を感じるいい出会いでした。(な 2018.10.30記)

 

≪報告≫

1022日、CS和の会10周年記念イベント「坂部貢先生のお話を聞く会」が行なわれました。参加者は38名 そのうちご家族の参加が7名でした。
坂部先生のお話は医学的見地から認知行動療法的な捉え方まで、色々なお話が聞けて、とても興味深いものでした。また、久し振りにお会いする方や以前スタッフをしてくれた人(元気になって社会復帰している)などの参加もあって、あちこちでお話が弾み、和やかな集いになりました。受付や会計、会場設営等々、多くの仲間たちにお手伝いをいただいてすべてがとてもスムーズに進みました。

‘みんなで作る会’が実感できてとてもうれしかったです。
CS
和の会が神奈川県社会福祉協議会のボランティアセンターにセルフヘルプ・グループとして登録されてから、この7月で10年になりました。この記念の日が無事に迎えられたのも、これまでに出会ったすべての方々のお陰と感謝しています。
当日は台風の接近に伴う暴風雨で交通機関への影響が心配されたため、少し早めに閉会とさせていただきましたが、参加されたみなさん、無事に帰れましたでしょうか。
これからも仲間同士の支え合いを大切に、地道に活動を続けたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。(な 2017.11.4記)


 ≪報告≫

1014日はCS和の会発足5周年記念の集いでした。

参加者は19名。場所は男女共同参画センターのセミナールームです。

テーブルには、メンバーたちが持ち寄ったたくさんの資料や関連の品々、手作りのご馳走、安心なお菓子などがいっぱい並びました。

全員が同じようなつらさを抱えているためか、初めて会うメンバーも10年来の友人のようにすっかり打ち解けて話が盛り上がりました。

とても楽しく充実したひとときでした。

CS和の会が正式に会として発足してから53か月の年月が経ちました。

発症者のみの会なので大きなことはできませんが、これからも地道に活動を続けていきたいと思います。(な)<2012.10.31記>

 

 

 

 

お問合せは説明: 説明: mailこちらまで。

 

※いただいたメールが迷惑メール扱いになってしまうことが増えています。

お問合せのメールは件名のところに「CS和の会について」と明記してください。

お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

説明: 説明: D:\和の会\CS和の会 ホームページ\index_image003.jpg

↑page top

説明: 説明: D:\和の会\CS和の会 ホームページ\003.gifhome

 

 

 

 Copyright (C) 2008 CS和の会 All rights reserved.